あおみかんのブログ

フリーランスのIT系エンジニア。ゲーム制作スタジオ4th cluster代表。

ドラクエ11 ファーストインプレッション

さて、とうとう出ましたね、ドラクエ11。 ふと思った事があるので僕なりの印象を書きます。ネタバレ要素はない気がするけど、カンの良い人にとっては間接的にネタバレする要素もあるので気をつけてください。




↓以下本文






ちなみに僕はドラクエ9のみ未プレイ、他は一通りプレイ済みって感じです。クリアしてないのもちらほらありますが。

ドラクエ 11 = 10 + 1 ?

ドラクエ11をプレイして最初の感想は「ドラクエ10のゲームシステムでドラクエ1のプレイフィールを再現しようとしたのかな?」でした。 僕がPS4版でプレイしているのもありますが、ドラクエ10のシステムがベースだと感じました。3Dマップ、戦闘中に歩き回れる、戦闘フィールドが探索フィールドと一致している、以前のドラクエとは異なるターンシステム、クエストシステム、3Dムービーの入れ方…などなどです。

しかし、ドラクエ10に存在していた(M)MORPGとしての要素はなくなり、スタンドアロンなゲームになりました。ここがある種の原点回帰だなと感じ、これはどことなくドラクエ1のようだ、とも思いました。

ドラクエ 11 = 2 + 9 ?

次に、UIが気になったので、一緒に買っておいた(というかゆうしゃの剣ボックスで買った)3DS版をプレイしてみました。 ドラクエ9のことは画面しか知らないのですが、DSシリーズ同士ということで、3DSDQ11DS9に似ていると感じました。

また、滅びた国の話を聞いたり、イヌに変身させられている人間(こっちは仲間にならないけど)を見つけたりしているうちに、DQ2っぽいシナリオのような気もしてきました。

ドラクエ11 = 今までのすべてのドラクエ

このまま例示を続けるのもアホくさいので結論に走ると、ドラクエ11は今までのドラクエ(ナンバリング)シリーズの要約というか集大成のようなものなのだと思います。 ドラクエ4と被って見える要素も沢山あります。パーティーメンバーの姉妹とか。 重ねて、ドラクエ5由来かなと思える展開も。

そんなわけで、ドラクエ11は、今までのドラクエシリーズをプレイしていればニヤリと出来るセルフオマージュが沢山あって、でもドラクエシリーズをプレイしたことがない人でも楽しめるような配慮がされていると思います。

ちなみにですが、僕は油断してサソリにやられました。今回、鍛冶がすごく楽しい。

ボス戦は「ゲームシステム」なのか「物語」なのか

ボス戦は「ゲームシステム」なのか「物語」なのかっていう話をporoLogueさんがしていて興味深かったので少し考えてみた。
みたら、とても1ツイートには収まる気配がないので、せっかくだし短めの記事にしてみる。

そもそもRPGってさ

そもそもRPGにおいて、システムと物語というのは切っても切れないものだ。
何故かというと、ここでいう(コンピュータ)RPGというのは物語を体験する遊びであるところのT-RPGをコンピュータで再現する試みなので、そもそもRPGの最初のコンセプトの時点で、物語体験型のゲームであるということだ。

しかしコンピュータRPG(以下、単にRPGと呼ぶ)も歴史が重ねられていくにつれ、その原義だけでは語れないものも増えてきた。
元々は何か意図を持って構築されたシステムが、なんとなく踏襲されているのは、珍しくない。ある程度は仕方ないとも思う。

システムと物語の協調

それでも、やはりゲーム体験において楽しいのはシステムと物語が噛み合っているものだと思う。
ザコ戦などは「修行」や「努力」的なものであるべきだし、
条件分岐的な意味での「フラグ回収」が物語構造上のフラグ(伏線)と関連しているのがよい。

じゃあボス戦って何か。

それは「苦境」あるいは「対立」に相当するものだと思う。

ミッドポイントあるいはクライマックス

いわゆる三幕構成における第二幕、特にそのミッドポイントと呼ばれる場面は、物語上重要な局面だ。ここでは「主人公の危険度が急に上がる」とされる。逆に言うとそれまでは楽勝で油断している。
あるいは、第三幕のクライマックスも超重要な場面だ。こっちは説明不要かな。

そう、第二幕ミッドポイントが中ボス、第三幕クライマックスが大ボスに相当すると考えられる。

ボス戦が何度もあるゲームが多いが、それは1つのゲームの中にこの構造が複数含まれているって事だ。

参考:

三幕構成 - Wikipedia

切っても切れない物語とシステムの関係

つまり、ボス戦は三幕構成の中でも際だって重要な2箇所をゲームシステムと重ねがけで演出するのに非常に適したイベントだということだ。
そりゃあ、多くのゲームにボス戦があるわけですよ。

余談

余談だけど、あんまりブログで紹介していないけれど、4th clusterで制作中のRPG「StarMined」がようやく形になってきた。
あんまり黙ってるから「え、お前ゲームなんか作ってたの?意外w」とか言われそう…w

科学×中学生がテーマなノベルゲーム「EVERETT EFFECT」 開発途上版 "interpretation" 公開予定

f:id:akn_ep:20160729005618j:plain

everett-effect.com

僕がシナリオとか演出とか企画全体の概ね半分くらいをやっている「EVERETT EFFECT」というゲームの開発途上版を5月6日に東京ビッグサイトで行われるコミティア120にあわせて公開します。

ノベルゲーム部公式ページ

ノベルゲーム部、という名前のコミティア部活動の一員としての出展です。

ブースは K04b Sapience です。よろしくおねがいします。

Mac OSXでRPGツクール2000製のゲームを遊ぶ(EasyWine+IPAモナーフォント)

RPGツクール2000や2003の時代、名作フリーゲーム多いですよね。

久しぶりにやりたい作品があったので、手元のMacで動くようにしてみました。

ちなみに、クリアまでやった訳じゃないので、もしかしたらセーブデータの扱いとかでおかしくなることがあるかもしれないです!

2003とかでも似たような感じで動く気がします。まだやってないのですが、上手く行った/行かなかった人がいたらコメントください。

1. EasyWineのインストール

以下のページを参照。 NAVERまとめが公式配布先っていうちょっと変わり種ですね。

🍎 EasyWine.app 🍷 - 😃 mattintosh note 📝

2. RPGツクール2000RTPのインストール

2000時代はRTP同梱は稀ですよねー…ってことで。

RTPをダウンロードして、インストーラーのexeを開くだけです。

もしexeが他のソフトに関連付いてしまってる場合は、副ボタンクリック(二本指とかCtrl+クリックとか)からeasywineを選んで開く。

3. IPAモナーフォントのインストール

以下のサイトからIPAモナーフォントを持ってきてインストール

各ファイルを開くとFontBookが開くので、流れに従えばインストールできるかと。

IPAモナーフォント

4. user.cfg の編集

レジストリ編集。しないと文字が汚くて遊べたもんじゃない。

参考サイトによると、IPAモナー明朝は下が途切れちゃうから明朝もゴシックにした方がいいとあり、 やってみたら確かに途切れちゃったので僕もゴシックにしてみました。

ここのやり方は、以下の通り。

  1. Finderで適当なウィンドウを開いて Cmd+Shift+G でフォルダ移動ダイアログを開く
  2. ~/Library/Caches/Wine/prefixes/default/ と入れて開く
  3. user.cfg というファイルがあるので、CotEditorなどで開く
  4. [Software\\Wine\\Fonts\\Replacements] と書かれたエリアに以下の内容を書き足す
"MS Gothic"="IPA \x30e2\x30ca\x30fc \x30b4\x30b7\x30c3\x30af"
"MS Mincho"="IPA \x30e2\x30ca\x30fc \x660e\x671d"
"MS PGothic"="IPA \x30e2\x30ca\x30fc P\x30b4\x30b7\x30c3\x30af"
"MS PMincho"="IPA \x30e2\x30ca\x30fc P\x660e\x671d"
"MS UI Gothic"="\x30d2\x30e9\x30ae\x30ce\x4e38\x30b4 Pro W4"
"\xff2d\xff33 \x30b4\x30b7\x30c3\x30af"="IPA \x30e2\x30ca\x30fc \x30b4\x30b7\x30c3\x30af"
"\xff2d\xff33 \x660e\x671d"="IPA \x30e2\x30ca\x30fc \x30b4\x30b7\x30c3\x30af"
"\xff2d\xff33 \xff30\x30b4\x30b7\x30c3\x30af"="IPA \x30e2\x30ca\x30fc P\x30b4\x30b7\x30c3\x30af"
"\xff2d\xff33 \xff30\x660e\x671d"="IPA \x30e2\x30ca\x30fc P\x660e\x671d"

尚、念のためuser.cfgのバックアップを取っておいた方が安心です。

参考:

参°ぼっくす: Mac上のWineでRPGツクールのゲームを動作させてみる

🎮 Mac で『Ib(イヴ)』をプレイする 🍎 - 😃 mattintosh note 📝

GAE/Goの基本的な設定の覚え書き

Go言語は昔(1.4まで?)はパッケージ管理の標準的な仕組みがなくて、1.7あたりでvendorディレクトリを必ず読むようになったらしい。 デファクトスタンダードは、今の所glideというものらしい。 godepsも良いみたいだけど、個人的に何となくglideの方が扱いやすく思えたので。

GOPATHを指定する必要があり、僕はautoenvを使う事にしたけど、何にせよこの後のプロセスを踏む前に必ず、作業ディレクトリがGOPATHに含まれてるようにする。

echo $GOPATH
/Users/akn/go:/Users/akn/Documents/TimeCard/time-card-gae

普通の $PATH と同様 : で区切っていいらしい。

で、とにかくディレクトリ構造が肝心。僕はこんな風にした。(srcなしとかも試したけど、srcがないと上手く動作しなかった)

your-app-dir
└── src
    ├── app.yaml
    ├── glide.lock
    ├── glide.yaml
    ├── main.go
    ├── server
    │   └── server.go
    └── vendor

主要なファイルの中身を晒しておく。

app.yaml

application: my-app
version: 0
runtime: go
api_version: go1

handlers:
- url: /.*
  script: _go_app

nobuild_files:
- vendor

skip_files:
- vendor/.*$

main.go

package main

import (
    "server"
)

func init() {
    server.Start()
}

良く分かんないんだけど、main.goから直接vendor以下のを読みに行くと上手く行かなかったので、server packageを定義して、そっちから読むようにしてる。

あとは以下で開発

goapp serve

もしくはデプロイ

goapp deploy

これだと覚え書きすぎて分かりにくいので、丁寧めの記事へのリンクを貼っておきます。 ただし、僕は goenv を使って app/srcでディレクトリを分ける方法はCan’t findとか言われてライブラリが読まれず、上手く行かなかった。

www.freegufo.com

qiita.com

qiita.com

ホッテントリ砲の威力とか、例の記事への感想とかの雑記

昨日書いた記事がめちゃめちゃ広まっちゃいまして、せっかくなのでPV数とかをざっと公開してみようと思います。

現時点で654ブクマ、FBでは177シェア、ツイート数は不明ですが、僕のメインのツイートは48リツイートと、そこまで伸びてない感じ。

aknep.hatenablog.com

ということで、途中までは僕の周囲のTwitterユーザーへ、途中からはいわゆる「はてな民」に広まっていったという事のようです。

はてなブログ標準搭載のアクセス解析データとかも貼っておきます。

f:id:akn_ep:20170303140037p:plain

f:id:akn_ep:20170303140044p:plain

別に、この手の炎上ネタをわざわざ書き続ける炎上まとめサイトとかを誰かに作って欲しいわけじゃないんですが、個人からの発信でも、このくらいのインパクトを出すことは可能なのだなという実例として興味深いので、知見として共有しておこうと思いました。

はてブ砲の威力はだいたい5万PV〜7万PV程度、と考えるとちょうどかなと思います。

アクセス元を見る限り、何やらsmartnewsにも載ってたみたいですね。

この件についての僕の感想

半面、ブコメを見ていると「MFクラウド一択だな!」みたいな思考停止気味のコメントが散見されて、まぁ通りすがりで僕のエントリをざっと見ているだけだから仕方ないかもしれないんですが、あんまり考えてないでしょって感じがしました。

これはMF/freeeの両方を別々の仕事で使っている感想なんですが、MFクラウド会計は簿記に忠実なぶん、簿記が全然分からないと割と手も足も出ないです。 freeeはとにかく何も分かってなくても申告できます。 まぁ、何も分かってない状態で申告すると、2年目、3年目と積算して行ったときに段々おかしな帳簿になっていくので、結局は理解する必要が出てきますが…。

また、残念ながら弥生のクラウドは使ったことがないので僕は分かってないです

「会社が傾いたのでフリーランスを半年だけやってみる」みたいな人にとっては、簿記を一から覚えるのはハードル高いですし、とりあえず売上だけざっと計上して、大きな経費だけ算入して申告、みたいな方法でも良いわけですし、freeeの採用メリットはあります。

但し、月額課金しているサービスで、解約フローがここまで粗末なのは、利用者側としては面倒が増えるので腹立たしい。僕が主張したいのはその一点です。機能面はどのサービスも、そこそこ良く出来ています。

会計ソフトのfreeeが解約すらさせてくれない悪徳サービスな件

この件、以下のページにあるように、マシになったみたいですね。

support.freee.co.jp

過去の経緯として以下の記事は残しておきます。


jp.techcrunch.com

会計アプリのfreeeがマネーフォワードを訴訟したのは記憶に新しいですね。

さて、そんなfreee、まぁまぁ便利なのですが、事業も立ち上がってきて、税理士さんに任せた方が良くなってきたので、今期から税理士さんに任せることにして、freeeの方は解約することにしました。 今までありがとうfreee。そう思っていた時代が僕にもありました。

https://twitter.com/AknEp/status/833911308349108225

なんということでしょう!

会計の自動化、省力化を謳うfreeeが、解約だけは「電話での対応」を求めるわけです! とっても伝統的な日本風の解約手順ですね!なんて素敵なんでしょう!

……じゃねーよ。おかしいだろ!何様なんだよ。

ちなみに、問合せを繰り返していますが、回答は一切無く、本日3/2の時点でも放置されたままです。いつになったら電話来るんですかね?

解約に伴って消滅するデータとか色々あって、立ち上げ期のサービスであれば解約時にユーザーサポートでの処理が必要、なんて理屈は割と分かるんですが、潤沢な開発力を持っているfreeeにはそういう事情もないし、意図的にやっていると言わざるを得ません。 非常に不愉快、というか迷惑ですね。

ちなみに、会社ではMFクラウド会計を使ってるんですが、あっちの方が複式簿記をきちんと意識して作られているので、簿記がちゃんと分かるならMFクラウド会計の方が良さそうだという印象です。

続報

この後すぐ電話が来たので、解約することが出来ました。 事情を聞いたところ、以下のような話をしていました。

書かないのもフェアじゃないので、最低限ですが、記載しておきます。

  • 「解約したつもりはないのに解約になっていた」などのクレームが頻発した
  • 解約に関する責任をfreee側で負うために電話確認を一度行う方針を取るように変更した
  • 以前はWeb上から解約できたが、以上の理由で仕様を変更した

とのことです。

それなら、Twitterみたいに30日間はデータが復旧できるようにするとか、手は色々あると思うし釈然としませんが、なぜそうなったのかについては納得が行きました。電話サポートの人が思ったよりちゃんと把握していて、ここについては好印象。

僕もWebサービスの開発に係わる事は多いんですが、この辺りは確かに厄介な問題ではあります。 ただ、解約操作をWebからだけではなくメールからのconfirmationも挟むとかで、上記のクレームは防げると思うので、やはり今の仕様は良くないと思います。サポートに負担もかかるし。

3月分以降の使用料の請求は行わないとのことで、実害はないんですが、現状「解約すらさせてくれない」というのがユーザーに不安を与える状況なのも事実なので、本エントリはこのまま公開しておきます。

続々報

ホッテントリ入りしてたので、もう少しだけ経過を追記しておきます。

さて、Twitterで同じ状況に陥っている方の様子を見る限り、どうやら、僕の所に電話が来たのは、Twitterやブログで騒いでいたのをキャッチして、慌てて特定して連絡を取ってきたという状況のように思われます。

何故かというと、その方は僕より早い日付に解約の申請をしたのに、まだ電話が来てないからです。 (※いわゆる炎上案件で迷惑かけるのも違うので、その方のツイートは貼りませんが…)

僕は、結局のところ上記の電話は「僕は解約する気しかなさそうだから、色々詰められるだろう事を覚悟の上でサポート部門の偉い人が電話をかけてきた」という事だと推測しています。

憶測ですが、他のユーザーには「何故やめるんですか?MFクラウドに変えるんですか?」「今なら2ヶ月割引します!もうちょっとだけ使ってみませんか!?」等と言って、無理にでも囲い込もうとする、という手を使っている、という可能性も捨てきれません。(実際にそういう事例があったら是非教えてください!)

これまた全然関係ないですが、さっき請求書を発行するためにmisocaを久々に使ったんですが、サクサク動くし動作分かりやすいしmisoca神かよって思いました。 freeeからもcsvで入力した顧客データの書き出しとかは出来るので、何もかもが囲い込み戦略というわけではないのでしょうね。

ブコメ反応

何かホッテントリ1位になってたので、せっかくなので、いくつかのブコメについて簡単にコメントしておこうと思います。 個人攻撃とかしたいわけじゃないので、特定のコメント宛ではなく、大意で要約します。

一部、単に読んでないでブコメしてるだけって人もちらほら居ますが、まぁ丁寧に読んでくださる人が勘違いしてしまうのを避ける目的で、ざっと記載しますね。

解約の実装って大変だから…

それな。

…と言う気持ちについてはさておき、freeeさんは内部的には解約処理を持っているようです。

書き方がちょっと曖昧でしたが、電話口で「以前はWebで解約だったんですが、勝手に解約されるなどのクレームが多かったので、今のフローに変えました」と言っていました。Twitter等をみても、以前はWebで解約できたようなので、解約に電話を挟んでいるのは、意図してやっていることのようです。

その意図が、電話担当者さんの言うようなクレームを無くすためのユーザー価値を目指した物なのか、ブコメで言われているような囲い込み戦略によるものなのかは断定しかねます。

憶測は余計じゃないの?

Twitterで検索すると、結構な数、実際にそう言って引き留められたらしき事例がヒットするので、ただの憶測とも言えない事が後で分かりました。

…この記事がバズってしまったので、少し前のツイートは遡りにくいですが。

解約には電話が必要なのってそこまで怒ることか?

手軽さをウリにしているサービスがやっているという意味でダブルスタンダードである点、電話を1週間以上もかけてこない(他で見掛けた事例では半月もかけていない!)点の2つが問題点だと考えています。 引越時の電気やガスの解約に電話が必要なのとは、性質が異なると思います。