あおみかんのブログ

フリーランスのIT系エンジニア。ゲーム制作スタジオ4th cluster代表。

ホッテントリ砲の威力とか、例の記事への感想とかの雑記

昨日書いた記事がめちゃめちゃ広まっちゃいまして、せっかくなのでPV数とかをざっと公開してみようと思います。

現時点で654ブクマ、FBでは177シェア、ツイート数は不明ですが、僕のメインのツイートは48リツイートと、そこまで伸びてない感じ。

aknep.hatenablog.com

ということで、途中までは僕の周囲のTwitterユーザーへ、途中からはいわゆる「はてな民」に広まっていったという事のようです。

はてなブログ標準搭載のアクセス解析データとかも貼っておきます。

f:id:akn_ep:20170303140037p:plain

f:id:akn_ep:20170303140044p:plain

別に、この手の炎上ネタをわざわざ書き続ける炎上まとめサイトとかを誰かに作って欲しいわけじゃないんですが、個人からの発信でも、このくらいのインパクトを出すことは可能なのだなという実例として興味深いので、知見として共有しておこうと思いました。

はてブ砲の威力はだいたい5万PV〜7万PV程度、と考えるとちょうどかなと思います。

アクセス元を見る限り、何やらsmartnewsにも載ってたみたいですね。

この件についての僕の感想

半面、ブコメを見ていると「MFクラウド一択だな!」みたいな思考停止気味のコメントが散見されて、まぁ通りすがりで僕のエントリをざっと見ているだけだから仕方ないかもしれないんですが、あんまり考えてないでしょって感じがしました。

これはMF/freeeの両方を別々の仕事で使っている感想なんですが、MFクラウド会計は簿記に忠実なぶん、簿記が全然分からないと割と手も足も出ないです。 freeeはとにかく何も分かってなくても申告できます。 まぁ、何も分かってない状態で申告すると、2年目、3年目と積算して行ったときに段々おかしな帳簿になっていくので、結局は理解する必要が出てきますが…。

また、残念ながら弥生のクラウドは使ったことがないので僕は分かってないです

「会社が傾いたのでフリーランスを半年だけやってみる」みたいな人にとっては、簿記を一から覚えるのはハードル高いですし、とりあえず売上だけざっと計上して、大きな経費だけ算入して申告、みたいな方法でも良いわけですし、freeeの採用メリットはあります。

但し、月額課金しているサービスで、解約フローがここまで粗末なのは、利用者側としては面倒が増えるので腹立たしい。僕が主張したいのはその一点です。機能面はどのサービスも、そこそこ良く出来ています。