あおみかんのブログ

フリーランスのIT系エンジニア。ゲーム制作スタジオ4th cluster代表。

Laravel(5.4)で、バリデーションエラーをフォームにリッチに表示したい時のサンプル(laravelcollective/Forms&HTML使ってる場合)

今日ふとした案件でLaravel触ってみたのですが、Railsのsimple_formにあるような、モデルのバリデーションでコケてる場合にinput要素のクラスにhas-error を足す良い方法が見当たらなかったので、ざっと作ってみました。

// app/Helpers/FormHelper.php
<?php
namespace App\Helpers;

class FormHelper
{
    public static function text($name, $errors, $options=[])
    {
        if( empty($options['class']) ){
            $options['class'] = '';
        }
        if( ! empty($errors->first($name)) ){
            $options['class'] .= ' has-error';
        }
        return \Collective\Html\FormFacade::text($name, null, $options);
    }
}

まず、これが今回のメイン。オプションでclass渡してないときに先頭に半角スペース入るけど、別に害がないのでこのままで良いかなと思ってる。

text以外にも使いたいものがあれば適宜勝手に定義すると良いです。 (PHPメタプログラミングについて調べるほどの情熱はなかった)

次に、このクラスにalias貼る。

// config/app.php
// 'aliases' => の後に以下をそれっぽく追加
[
  'FormHelper' => App\Helpers\FormHelper::class,
]

ここまで来たら、あとはblade viewの中から使うだけ。

// form.blade.php
// こんな風に使う
        {!! Form::model($inquiry, ['route' => ['inquiry.preview'], 'method' => 'put']) !!}
            <div class="form-group">
                {!! Form::label('title', 'Title') !!}
                {!! FormHelper::text('title', $errors, ['class' => 'form-control']) !!}
            </div>
            <div class='form-group'>
                {!! Form::submit('プレビュー', ['class' => 'btn btn-primary form-control']) !!}
            </div>
        {!! Form::close() !!}

ちなみに当然だけどコントローラ側で ['inquiry' => new Inquiry] っぽいことする必要はある。

モデル必要なければ Form::model じゃなく Form::open 使えば良いだけ。

明示的に $errors を渡してるのがダサい。 $errors の取得については、もっと賢い方法があるかもしれません。 Laravelに詳しい人いたらコメントくれると嬉しいです。

以下、参考にしたリファレンスなど: